看護師予備校 仙台文理

看護師予備校 面接


仙台 看護師予備校

看護師予備校 傾向と要点 面接

看護医療受験 面接

面接で判断されるのは・・・



看護医療受験 さわやかな笑顔
  • 清潔性(身だしなみ、言葉づかい、表情から受ける印象)
  • 明朗性(明朗な対応対応で、患者の心が和む
  • 礼儀正しさ
  • 意欲
  • 自主性(問題点を見つけ、解決しよう とする態度)
  • 我慢強さ(精神的肉体的)
  • 落ち着き
  • 協調性
  • 寛容性(相手をあるがままに受入れる心の広さ)
  • 表現力(身振り手振りを含んむ、相手を傷つけない治療方法や回復についても希望をなくさないように話すなど)
  • 理解力(聞き取れない時は聞き返す)
  • 熱意(受験生はほとんどが掛け持ち受験。定員割れは避けたいので確実に入学する生徒を合格させたい)

・・・面接は言葉のキャッチボール・・・

看護医療受験には情熱が大切
  1. 志望理由の・確かさ(職業の意欲、入学意志)
  2. 自分自身のこと(客観的で、表現の仕方も適切か)
  3. これまでの学校生活(重要な情報で協調性、積極性、自己管理能力などの判断材料としている)
  4. 家庭環境(家族に感情を持っている感情で人間性を見る好材)
  5. 社会問題・医療問題(社会に目を向けているか、医療に携わる者としての意識は。知識を蓄え知ったかぶりはしない)
  6. 入学後・卒業後(奨学金に勤務条件があることも)
  7. 併願校(併願が合っても、是非入りたい熱意を示す) ・本校以外に受験する(した)か・複数校合格したらどうするのかなど。

看護師予備校 傾向と要点 面接ページTOPに戻る